【岐阜版】ネイルサロンの選び方※安くて信頼できるサロンは?

岐阜のネイルサロンで安くて信頼もできるところは?

 

【岐阜版】ネイルサロンの選び方※安くて信頼できるサロンは?

 

岐阜にはネイルサロンが岐阜市内をはじめとしてたくさんありますが、ジェルネイル・スカルプチュアなどの値段も安くて、信頼もできるネイルサロンはどう選べばいいんでしょうか?

 

ネイルサロンの数は多いので、これから岐阜でネイルをしたい、という場合には、何を基準に選んだらいいのか?と途方に暮れてしまうこともあるかと思います。

 

そんな方の参考になる情報を当サイトではご紹介してみたいと思います。

安全性の高いネイルサロンかどうか?

 

【岐阜版】ネイルサロンの選び方※安くて信頼できるサロンは?

 

ジェルネイルやスカルプチュア、ネイルチップなどをしたくて岐阜でネイルサロン選びをしようと思っている女性が多いかとは思います。

 

その際、まず最初に、値段を比較してみたり、ネイルサロンの雰囲気をホームページで見てみたり、どんなジェルネイルのデザイン案があるのか?過去のデザイン例などに目がいきがちです。

 

でも一番大事とも言えるのは、やはり「安全性」と言ってもいいでしょう。ネイルサロンはあなたのデリケートな部分である「爪」を扱う場所ということを忘れてはいけません。

 

店内やネイリストの扱う道具が清潔な状態ではないネイルサロンの場合には、施術をしてもらった後に爪に何らかのトラブルが出てしまう可能性もあるのです。

 

まずは、最初に見ておきたいのが、清潔感のあるネイルサロンであるかどうか? そして、ネイリストさんのもっている資格です。

ネイリストさんの資格事情

 

【岐阜版】ネイルサロンの選び方※安くて信頼できるサロンは?

 

岐阜でネイルサロンを選ぶ時には、そのサロンに在籍しているネイリストが資格を持っているのかどうか?も重要視したいところです。個人経営のお店ならなおさらですね。その人しかいないわけですから。

 

というのも、実は、これ知らない人も多いのですが、ネイリストには民間の資格はあるのですが、国家資格が1つもないんです。

 

だから、別に資格を持っていなくてもネイルサロンでネイリストとして働けますし、自分のネイルサロンを開業することもできてしまうのです。

 

ネイルサロンを選ぶ時の注意点

 

【岐阜版】ネイルサロンの選び方※安くて信頼できるサロンは?

 

ネイルサロンに行ってみたいけどどこがいいのか選べないからなかなか行けない人が多いのではないでしょうか。では実際にネイルサロンに行く場合はどのようなところを選んで行けば良いのでしょうか。

 

まず料金があまりにも安いところはなるべく避けるようにしてください。このようなサロンは基本的に施術を行う人数をなるべく多くして料金の安さをカバーしているので、実際に1人にかける時間が非常に短いのが特徴的です。

 

また使用するジェルについても安物を使用していることがよくあり、そのためにせっかく施術してもらってもあまり日持ちしなかったり、ジェルの品質が悪いことから爪自体に悪影響を及ぼす場合があります。次に注意したいのが初回分がお得な料金だからと言ってそれだけでサロンを判断しないようにしてください。

 

たまに初回の料金の安さだけを利用してサロンを渡り歩いている人がいますが、ネイルは基本的に信頼できるところで毎回同じ方にお願いすることをお勧めします。1人1人爪の状態が異なりますし、クセもあるのでそれがわかっている馴染みの担当の方にお願いした方が安心できるのです。このため通常料金が5000円から8000円までの範囲で営業しているサロンを探すようにしてください。サロン選びで次に気を付けたいことは明らかにスピードをアピールしているサロンも注意が必要であるということです。

 

例えば、「60分以内」というような営業アピールをしているサロンには気を付けてください。このようなサロンで求められていることはただ単に時間内に終わるかどうかなので、時間が無くなってくると施術する人がもう1人増えて左右の爪を別々の人が担当して進めていくという場合もあるようです。

 

この場合は施術する人達の間で情報共有されない場合が多いので、左右の爪で非対称となってしまうことが多く、結局満足がいく仕上がりにならない可能性が高くなります。このためスピード重視のサロンは注意するようにしてください。

ネイルサロンの料金について

 

【岐阜版】ネイルサロンの選び方※安くて信頼できるサロンは?

 

ネイルサロンは甘皮を取って磨くだけのケアから、爪のアート、さらに巻き爪の矯正といったものまで、爪に関するありとあらゆることをケアを行ってくれます。これからネイルサロンに行こうかなと考えている人は、何を基準にしたら良いか悩むはずです。最も基準となるものは、何よりも価格の相場より安いのをと考えてしまうこともありますが、価格が安いとそれなりの施術しか受けられない、アフターケアが上手くできないということもあるので、安いだけで選択するのは気をつけなくてはいけません。

 

また、高いだけでもおしゃれなアートができるとは限らないので、自分に合った店舗を見つけることが重要と言えます。どのネイルサロンでも大幅な値段の違いは見られず、例えば単色塗りのカラーだと、だいたい5,000〜8,000円あたりが相場となります。甘皮ケアに関しては1,000〜3,000円ほどで施術を行い、スカルプチュアなどの装着であれば1万円前後、あるいは1本の単価で800〜1,000円ほどとなります。これらを外すときのオフは甘皮ケアと同じくらいで1,000〜3,000円となりますが、中には定額制を導入しているネイルサロンも存在します。

 

この場合の定額制は、サンプルの中から好きなデザインとカラーを選んで施術してもらうというもので、ある程度決められたデザインから施術をするため、時間短縮ができサロンとしても安く提供できるようになっています。ジェルオフ込みのところが多く、だいたい5,000〜7,000円の範囲で追加料金なしで受けられます。用意されたデザインは少ないと思われがちですが、最新の流行を含めた豊富なデザインから選択でき、予め決まったデザインであることから失敗も少ないというメリットがあります。定額制は会員制となっているところが多いですが、会員にならなくても定額制を受けられるところもあるので、安く済ませたい人は探してみると良いかもしれません。

スカルプチュアとジェルネイルの大きな違いは2つあります。

 

【岐阜版】ネイルサロンの選び方※安くて信頼できるサロンは?

 

1つ目は強度の違いです。2つ目はオフ時の爪にかかる負担が違います。

 

スカルプチュアの場合では素材が硬く柔軟性があまり無いため、強い衝撃で折れてしまう可能性が高くなります。一方のジェルネイルでは柔軟性があり多少の衝撃では折れる事はなく丈夫です。ジェルネイルでは柔軟性があるため、あまり人工的に長さを求める方には向かず、成型時に長くても2oから最大3o程度が限界になってしまいます。

 

スカルプチュアの場合では、強度があるため自由に好みの長さを人工的に作る事が可能となります。ネイルを施した後の持続期間としては、スカルプチュアでは約10日前後でスカルプ部分が浮いてきますが、ジェルネイルの場合では2週間から3週間は持続期間が長いのも特徴的です。

 

ただし、期間中に爪に衝撃を与えてしまうとジェルネイルでも1週間から2週間程度で自爪から浮いてしまう事もあるので注意が必要となります。持続期間は期間中の衝撃や圧迫などによって大きく変化し、どちらも浮いてしまった場合には速やかに手直しやオフを行う事が大切です。浮いてしまっている状態を長期間放置する事によって自爪とジェル部分又はスカルプ部分との間にカビが生えてしまいます。こういった状態をグリーンネイルとも言い、衛生的に悪く身体にも悪影響があるので注意が必要です。

 

オフ時の自爪にかかる負担では、スカルプチュアの場合ではジェルネイルと同様に専用のリムーバーを使用しますが、ファイル(専用のヤスリ)で自爪ごと削り取らなければならず、自爪に大きな負担をかけます。一方のジェルネイルではリムーバーを使用する前にジェル部分にファイルで削り、リムーバーによって浮かしながら取り除きます。その際に無理やりジェル部分を剥がす事はしないので自爪にかかる負担は最小限に抑える事ができます。どちらもメリットやデメリットがありますが、長さを求めるのか耐久性を求めるのかによって使い分けが大切です。

ネイルチップを選ぶ際に重要なポイントは2つあります。

 

【岐阜版】ネイルサロンの選び方※安くて信頼できるサロンは?

 

1つ目は自爪の形とネイルチップの形が合っている事です。2つ目は自爪の幅を正確に計測してネイルチップを選ぶという事です。

 

ネイルチップの形は湾曲の形状によって2つのタイプに分ける事ができ、平坦に近い形状をフラットと呼びます。逆に湾曲が強い形状をラウンドと呼び分かれています。フラットの形状では、爪全体が平坦で丸みが無く自爪が大きいのが特徴的です。一方のラウンドの形状では、爪が全体的に丸みを帯びており巻き爪に近い形状をしています。細長く爪が小さい形状が多いのが特徴です。また、どちらも含む爪の形状を持つ方もいるため、そういった場合には両方のタイプを購入する必要があります。ネイルチップの選ぶ基礎的な基準として、自分の自爪(何も付けていない状態の爪)がどちらのタイプに属しているのか確認して自爪とフィットしやすい形状を選び、次に爪幅を選ぶという流れになります。

 

自爪の幅の計測方法についてですが、メジャー(定規などの硬い物は不可)で自爪の最も幅のある部分を計測します。この時のポイントとしては、爪の生え際からしっかりと合わせ反対の生え際までを計測します。また、指に巻き付けて計測する場合には、緩やかに多少のゆとりを持って計測します。きつめに巻いて計測してしまうと爪が押しつぶされるため正しい計測が出来なくなるので注意が必要です。

 

チップのサイズは基本的にo単位での購入ではなく、S、M、L、LLで選び更にチップ番号から選ぶ事が殆どです。チップを製造している会社によって番号が異なる事もあるため、同じ番号の同じ形状で他社と比べながら自分に合うネイルチップを探す方法が一般的です。サイズを選ぶ際のポイントとしては、明らかに幅の小さなネイルチップを選ばずに、多少大きくてもサイズにゆとりのあるネイルチップを選ぶようにします。幅が大きければネイルを作る時に専用のヤスリで整形してから作るようにするのが大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ