ネイルチップはどのように接着されるのか?

ネイルチップの接着について

 

ネイルチップはどのように接着されるのか?

 

ネイルのおしゃれは、今や特別なものではなく、日常生活に広く浸透しています。自分で行えるセルフネイルキットが数多く販売されていますので、ネイルサロンに行かなくても自分で気軽にネイルを楽しむことができます。とはいえ、普段仕事をしている場合や、家事などを行っている場合など、ネイルができない環境にいる人も多いはずです。そのような人におすすめなのは、ネイルチップを装着することです。

 

ネイルチップは、爪にただ装着するだけでよいので、誰でも気軽にネイルのおしゃれを楽しむことが可能になります。ネイルサロンにわざわざ行かなくてもよいですし、自分でカラーやジェルを塗る手間もありません。脱着が自由ですから、1日だけや、短時間のみネイルを楽しみたい人にぴったりです。ネイルチップでしたら、普段仕事や家事をしている人でも大丈夫です。1度購入すれば、繰り返し使うことができますので、経済的でもあります。また、ネイルチップには、様々なデザインが施されたものが数多くありますので、その時の気分によって気軽にデザインを変えることができます。

 

簡単に行えるとはいえ、ネイルチップ初心者の人にとっては、どうやって接着しているのか気になるところではないでしょうか。そこで接着方法を解説していきます。

 

ネイルチップの接着方法には種類があります。両面テープで接着するか、ネイル用の粘着剤を使って接着するか、また、ネイルチップの裏にあらかじめ加工された粘着剤がついているワンタッチネイルというチップもあります。両面テープでしたら、脱着が自由でチップや爪を傷める可能性は低いですので、初心者におすすめの方法です。

 

両面テープ、粘着剤で接着する場合には、チップの裏側にテープや粘着剤をつけていきます。そして、チップを爪に合わせて乗せていき、軽く上から指で押さえて固定させます。しばらくすると粘着力が高まりますので、途中でチップをずらしたり手を洗ったりしないように注意しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ