ジェルネイルとマニキュアを比べてみた

ジェルネイルとマニキュア

 

ジェルネイルとマニキュアを比べてみた

 

今や若い女性だけでなく、育児中の主婦や年配の方も爪のお洒落を楽しむのが当たり前になっていますよね。
美容院に通うのと同じくらい、ネイルサロンに通うことも敷居の低いものになっています。
しかしネイルサロンで行うジェルネイルはやはり安価とは言えないもの。

 

セルフで楽しむ人も多くなっていますが、不器用だったり面倒くさがりな人は「マニキュアでいいや」と思っている人もいるのではないでしょうか?
しかし面倒くさがりだけど爪は綺麗にしていたい!という人にこそ、ジェルネイルは向いているかもしれませんよ。

 

というのも、そもそもマニキュアとジェルネイルはその強度が違うのです。
マニキュアのメリットは100均でも購入できるような値段の手頃さ。色の種類も豊富で気軽に試せます。
簡単に落とすことが出来るので、学校や会社でマニキュアが禁止されていても1日だけ楽しむことが可能です。

 

しかしこの簡単に落としやすい点がデメリットにも繋がります。マニキュアは色が落ちやすく長くて1週間程度、トップコートを塗らないと翌日には爪先の色が欠けてしまうことも珍しくありません。
対してジェルネイルは硬さがあるので、3週間程度は長持ちします。また色つやも長持ちしないマニキュアに比べ、落とす時までツヤツヤ感をキープできるにも魅力となっています。

 

爪に対するダメージですが、ジェルネイルは塗布する前に薄く爪を削るので、元々爪が弱かった人でも二枚爪になったりしなくなるといったメリットがあります。マニキュアの場合は頻繁にオンとオフを繰り返すと、除光液の影響もあり爪に与えるダメージは大きいようです。どちらにせよオフした後はオイルを塗るといったケアをした方が良いでしょう。

 

ジェルネイルをセルフで行う場合はサロンより安く仕上げることが出来ます。
ただ初心者だと失敗もありますし、爪が浮いて来ているのを放置するとその隙間に雑菌が入ってカビが出来ることもあります。
緑色に変色したらカビなので、すぐに取るようにしてくださいね。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ