スカルプチュアについて

スカルプチュアは人工爪を使うことです。

 

 

自分の爪の上に一枚ずつ貼るので、ネイルチップのように簡単には剥がれません。パウダーとリキッドを混ぜて作るので、ジェルネイルよりも強度があります。元々爪がもろくて割れやすい人は、スカルプチュアによって爪が保護されるのも良い点です。爪に強度を出せば、自分の爪を伸ばしても割るリスクが少ないです。日常生活では剥がれませんが、剥がしたい時にアセトンという専用の薬剤に浸ければすぐに元に戻ります。反対にスカルプチュアの悪い点は、見た目を重視しすぎることです。

 

スカルプチュアを施すとファッションの一つの要素になりますが、男性は派手な格好を嫌う人もいます。女性は男性にこびていると軽蔑の眼差しで見ることもあり、何を言われても自分の好きなおしゃれを楽しむという自信がないとなかなか施術を受けようとは思われません。爪を長くするだけでなく、人工爪にはアートを感じさせるデザインが織り込まれるため、家事や仕事といったシーンには不似合いです。小さなネイルストーンを散りばめたデザインでは、料理に混入する可能性があります。職場の多くが、女性が派手に着飾って出勤するのを禁止しています。スカルプチュアをしている本人は通常のメイクと同じような感覚でも、周囲は仕事に適さない身なりだと判断します。

 

資料を持つ時など、長い爪が邪魔をする可能性が多いにあります。特に営業職では清潔感が重視されるので、長い爪は取引先に不潔な印象を与えるので、スカルプチュアをした状態で働くことはほとんど無理です。またスカルプチュアは2〜3週間ごとにメンテナンスをしなければなりません。費用はかかりますが、メンテナンスをしないと爪にカビが生えてしまいます。カビは体内に侵入すると血液と一緒に流れて全身に悪影響を及ぼします。さらにアクリル独特のニオイが合わなかったり、紫外線で黄ばんでデザイン性すら失ってしまうこともあります。

 

3Dアートも。

 

スカルプチュアについて

 

スカルプチュアは、自爪の上に人工の爪を作り、爪を長く見せたりアートを施したりするネイルの一種です。種類はいくつかありますがスカルプチュアの殆どはアクリル樹脂を使用します。

 

ジェルネイルもスカルプチュアと同様の爪の長さを出したりアートを施すことができますが、スカルプチュアにはジェルネイルにはないメリットもあります。

 

スカルプチュアのメリットのひとつには、爪の長さを出すことがでることです。自分の爪を伸ばしたくても上手に伸ばすことができず、希望する長さになる前に爪が傷むことがあります。爪を伸ばすことが難しい、爪が弱い、爪が短いなどの場合には無理なく爪を伸ばすことが可能になります。自分の爪に人工爪を作ることで、爪が短い場合でも大胆なネイルアートを楽しくことができるのです。

 

強度が強いこともメリットです。かなり固いため多少乱暴に手先を使っても剥がれたり折れるということはありません。ジェルネイルはランプを当てて硬化させるため爪の上に塗ることしかできませんが、爪を作りあげるため短い爪でも長さを出すことができます。

 

デメリットは、爪に負担がかかることや爪が伸びてきた場合に目立ちやすいということがあります。アクリル樹脂を使った場合は、施術中に強いニオイがあり、個人差はありますが不快に感じることもあります。自分で落とすことができないことや、リペアする際にはネイルサロンで施術をしてもらう必要があります。

 

メリットやデメリットがありますが、スカルプチュアの最大の魅力は3Dで立体感や遠近感を出すことができる点です。奥行きのあるデザインが可能なのでリアルな印象も可能です。デザインの幅も広がり、キャラクターの立体的なパーツをつけたり、3Dでデザインすると浮遊感のあるようなネイルも実現します。自爪の2倍程度の長さにすることもでき、土台がしっかりしているため大きな立体パーツなどを乗せることも可能なのです。

 

日常生活では体験できないようなネイルのデザインをスカルプチュアは可能にするのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ