ネイルチップはどういう時に使うのがイイ?

ネイルチップを使用する事によって得られるメリットとは、何時でも簡単に取り外しが出来る事です。

 

ネイルチップはどういう時に使うのがイイ?

 

ジェルネイルの場合では簡単に自分で取る事が出来ず時間もかかります。

 

ネイルチップをする事で付けていられない時に場所を問わず簡単に取り外せる事が一番の特徴です。

 

また、自爪にジェルネイルやマニキュアを自分で施す場合に、細かなデザインを作るのが難しい反面でネイルチップでは専用のトレーの上で行う事が出来るため、細かなデザインを好きなように作り上げる事が簡単に出来ます。

 

爪は日々成長をしており、ジェルネイルなどをした場合に少しずつ根元とジェルネイルとの間に隙間が出来始めます。その際に水仕事を行ったり、手を汚してしまった場合に爪とジェルネイルとの間の隙間まで綺麗にする事は難しくカビが生えてしまう事もあります。結果として衛生面では1週間から2週間と常に付けているジェルネイルでは清潔に保つのは難しくなります。ネイルチップを使用してファッションの1つとして楽しむ場合に、連続して数日間使用したままにする事も少ないので衛生面でも常に清潔に保つ事が出来ます。

 

逆にネイルチップのデメリットとして、接着方法によって簡単に取れてしまう可能性が高いという点です。ネイルチップの接着方法として、両面テープや専用グミの他に液体接着(ネイルグルー)があります。液体接着の場合では接着力が強いのですが、ジェルネイルと比べると弱く何かに引っかかってしまった場合やデニムボタンをかける時に外れてしまう事もあります。また、液体接着を使用した際に無理やり自爪からネイルチップを剥がしてしまう事で、自爪に接着剤が凸凹状に残ってしまう点も考慮する必要があります。一方のテープやグミの場合では液体接着よりも接着力は劣りますが、?がれてしまって自爪に接着材が残る事はないのが特徴です。ネイルチップの良い点とは、どこでも付け外しが可能ですが、悪い点を挙げればそのメリットが致命傷となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ