ジェルネイルに使われるライトについて

LEDライトの解説

 

ジェルネイルに使われるライトについて

 

トロリとした水あめのようなジェルを、専用のライトで固めて仕上げるジェルネイル、爪にも優しく、持続性も高いと、数年前に日本に上陸して以来、爆発的なヒットとなって、瞬く間に女性たちのハートを鷲づかみにしていきました。上陸当初に比べると、ネイルサロンでの施術料金もずいぶんと安くなってきており、女性に取っては非常にうれしいブームとなっています。しかしそうは言っても、やはり常に美しい指先でいるためには、それなりにコストもかかってしまうので、最近ではインターネット通販などでセルフジェルネイルキットを購入し、自分で仕上げている女性も増えているようです。

 

インターネットでは、手先の不器用な方でも簡単に仕上げられるように、セルフ用に改良されたジェルネイルも販売されており、初心者の方でもすぐに使いこなせるようになっています。ジェルネイルは、前述したように専用のライトで固めますが、近年では家電製品においても、白熱灯よりもLEDが注目されていますが、このライトでも従来のUVライトに加えて、LEDライトが目立ち始めています。

 

家電製品と同じく、LEDライトのほうが持ちが良いということに加えて、ジェルを固める際に要する時間が、格段に短縮されるようになっています。今まで二分かかっていたところが、わずか三十秒ほどで固まるようになっているので、セルフで行う際にもかなり時短ができるようになりました。しかしまだまだ市販されているジェルすべてがこのLEDライト対応になっているわけではないので、自分が使っているジェルは、何ワットで固まるのか、UVライトの場合、LEDライトの場合を、それぞれしっかりと確認をし、間違えないように気を付けましょう。適応したワット数、時間を守らないと、ジェルは綺麗には固まってくれません。仕上がりが濁ってしまったり、すぐに浮いて来てしまうなど問題が起こりやすくなるので、タイムをきっちりと計りしっかりと固まるようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ