ジェルネイルではどんな道具が使用されるのか?

ジェルネイルを始める前には道具を揃えておく事も大切です。

 

 

まず揃えておきたいのが、甘皮の処理をするメタルプッシャーや爪の形を整えるエメリーボード、更に爪の表面を傷つける為のバッファーや爪の端を整えるファイル等です。
そして、実際にジェルネイルをしていく上で必要になるのが、ジェルとブラシ、そしてライトです。
ジェルはベースやトップとして使えるクリアジェル、そしてカラージェルを用意しておく事になります。
カラージェルは色数が多い方が様々なネイルを楽しめると考える人も少なくありませんが、カラージェルは混ぜて使う事が出来ます。

 

ですから、基本的な色だけ揃えておけば、様々なネイルを楽しむ事が可能です。
ジェルを塗るブラシは、使いやすいサイズを選んでおくだけでなく、細かいデザインを楽しみたいのであれば、細いブラシ等も用意しておくと良いでしょう。
そしてライトは、UVライトとLEDライトがあり、使うジェルに最適なライトを選んでおく事が重要になってきます。

 

更に、ジェルネイルの場合、ネイルを始める時点で、オフに必要な道具も揃えておく事がお勧めです。
オフの為には、ジェルリムーバーかアセトン、更にリムーバー等を染みこませる為のコットン、更にアルミホイル等も準備しておくと、しっかりとオフしやすい状態を作れます。
より手軽にオフをしたいと考えるのであれば、アルミホイルの代わりに、指に挟むだけで使うクリップを用意しておくという事も有効です。

 

クリップはとても手軽に指に取り付ける事が出来る為、とても簡単に使用する事が出来ます。
そして、オフをした後の爪のケアに必要な、キューティクルオイル等も準備しておくと、オフの後の爪を良い状態に保つ事が出来るようになります。

 

ジェルネイルをしたいと考えた場合、これらの道具を一通り揃えておく事がお勧めです。
これ以外に、ジェルを混ぜる道具等も必要となってきますが、爪楊枝等でも代用が可能となっています。

リムーバーについて

 

ジェルネイルではどんな道具が使用されるのか?

 

ジェルネイルは強固に硬化させられるのが魅力ですが、その一方で取り除く時に正しく行わないと爪を傷めてしまう恐れがあります。

 

作業の手順としてはまずジェルネイルをサンディングします。表面を傷付ける作業であり、この作業をしておかないとリムーバーが浸透し難くなってしまうのです。その為、中央からサイド、先端と万遍なくサンディングを行っていきます。その際には自爪まで傷付けてしまう恐れもありますので、あまり無理に削らないように注意が必要です。
続いてコットンにリムーバーを浸して爪の上に置きましょう。リムーバーの目安としてはコットンがひたひたになる位です。リムーバーが皮膚に付着するのはあまり良くありませんので事前に爪のサイズにカットしておいた方が良いと言えます。また爪に乗せる時にもピンセットを使用するとより安全に作業ができます。

 

リムーバーをしみ込ませたコットンを置いたらアルミホイルで指先を覆います。置いてあるだけですと蒸発してしまいますので、蒸発対策としてアルミホイルが役立ちます。
大体15分前後放置することでジェルネイルが浮いて取れるようになりますが、まだ剥がれていない場合は無理に取らないように注意が必要です。強引に削ったりすると爪を傷めますので、取れないようなら再度リムーバーを塗布してしばらく放置します。なお取る作業の場合はメタルプッシャーがあると便利ですので用意しておくと良いでしょう。

 

ジェルネイルを取り除いた後は仕上げとして保湿を行っておいた方が安心です。少なからず爪に負担を掛けていますし、リムーバーによって乾燥気味になっていることもあります。乾燥は爪に良くありませんのでキューティクルオイルや保湿クリームを塗るなどしてケアをします。なお、取り除いた後に再度ジェルネイルをすることも可能ですが、爪が弱っている可能性もありますのでよく状態を確認することが大切です。無理に連続して行うと爪に良くありませんので注意しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ